住友生命の口コミ

住友生命

明治40年(1907年)設立の、日本の四大生保の一角と言われる大手生命保険会社です。健康増進への取り組みを保険料割引割増反映する総合保障保険などがあります。

 

目次


住友生命の解説 住友生命のランキング

住友生命の解説 住友生命の口コミ一覧

住友生命の解説 1UP Vitality

住友生命のランキング


生命保険会社ランキング! 生命保険会社のランキング11位


ソルベンシー・マージン比率:873.6%

保険料等収入:約2兆5,085億円

当期純利益:約654億円20

総合ランキング:11位


27社の生保会社総合ランキングはこちら


惜しい大手

保険料等収入は2兆円台で上位層に入っているのですが、ソルベンシーマージン比率が下位層なので、大手なのに総合ランキングが振るいません。
社歴が長い生命保険会社のソルベンシーマージン比率が低いのは、ほぼ宿命です。この数値は多くの他社より低いだけで、800%台は十分良い数値です。
それだけ保険金の支払実績があるので、この数値とも言えます。
当期純利益はギリギリ上位層入りしていますので、10位圏外になったとしても心配することはありません。

住友生命の概要

住友生命保険相互会社は、明治40年(1907年)の創業当時は株式会社で、戦後に、保険会社に多い相互会社に変更したようです。
相互会社は、生命保険会社の保険商品に加入している契約者全員が会社の持ち主である。みたいなもので、会社の持ち主は株主である株式会社とは違う経営形態です。

生命保険会社の客が会社の持ち主なので、お客様本位で会社経営をします。という意味にもなります。
最近の住友生命の商品群を見ると、時代に合わせた商品を開発しているようで、これも相互会社形態の恩恵なのかもしれません。

保険を変えるべきか迷っていませんか?

専門家が、あなたの保険を選んでくれます

Web予約は簡単 保険コネクト

住友生命の口コミ一覧

こんにちは☆住友生命のライブワン未来デザイン1upに加入してます… 続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

一つで 不安な部分に対する保障が準備できるので 便利なのです。また特約が豊富です。… 続きを読む

教えて!goo より

1985年の終身保険でしたら、運用率6.25%くらいの、今ではお宝保険といわれるものです。(現在は1.75%くらい)終身保険については、このまま持ってることお勧めします。… 続きを読む

教えて!goo より

住友生命ドクターKINGは・手術給付金健保適用(4種類除く)しており入院で開頭・開胸・開腹手術でがんなら40倍、… 続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

お客様センターに電話しました。すぐに書類が送られてきました。書類に記入押印してすぐに返送でO.Kでしたよ。… 続きを読む

教えて!goo より

住友で下取り転換する場合、主契約のファンドの貯まりも転換価格に入ります。… 続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

 

保険料が高くて困る!安くする方法は?

専門家が保険の疑問に無料でアドバイス

無理な保険の勧誘はありません

専門家の相談は何度でも無料

保険コネクト

 

1UP Vitality

多数の特約から必要な特約保障だけを選び組み立てられる掛け捨て総合保障で、1UPはある特約を付けた場合に付与される名称です。
Vitalityは南アフリカ発祥の有料の健康増進ブログラムで、これを1UPに付けると四段階のVitalityステータスを保険料の割引または割増に反映します。

1UPは就業不能保険

元々住友生命の主力商品にプライムフィットという特約組立型の掛け捨て総合保険商品があり、19種類の選べる特約保障のうち「生活障害収入保障特約」を付けると生活保険1UPになります。
収入保障と書いてありますが、被保険者が他界した後に年金が給付される収入保障保険ではありません
実際は規定の就業不能状態になったときから存命を前提に年金や給付金が支払われる、就業不能保険です。

1UPと書いてあったら、就業不能保険または就業不能保険の他に保障が付いた保険と解釈するとわかりやすいと思います。

Vitalityを付けなくてもいい

さらに、「健康増進乗率適用特約」とVitalityプログラムを付けると、1UP Vitalityになります。
同じ特約を選べば生活保険1UPも、1UP Vitalityも、保障内容は同じです。
1UP Vitalityという健康増進型の新保険商品が出たのではなく、健康プログラムを付けない生活保険1UPも現存商品ですので、好きな商品を選択できます。

1UPとVitalityの関係

■プライムフィット
→生活障害収入保障特約を付けないプライムフィット
→生活障害収入保障特約を付けたプライムフィット=生活保険 1UPになります。

■生活保険 1UP
→健康増進乗率適用特約と有料のVitalityプログラムを付けて(含めて)契約=1UP Vitality
→健康増進乗率適用特約も有料のVitalityプログラムも無しで契約=生活保険 1UP
こうなると思います。

よって、1UP Vitalityは
※生活障害収入保障特約と健康増進乗率適用特約を付加した掛捨保険・プライムフィット
ということになります。
ですが、1UP Vitalityの正式な商品名はプライムフィット 未来デザイン1UP Vitalityで、「未来デザイン」はどういう流れで付与されるのかわかりませんでした。

選べる特約は19種類?

プライムフィットとしては19個の選べる特約保障ですが
1UP Vitalityは
1・生活障害収入保障特約
が既に付いているという前提なので、18種類の選べる特約になります。

■保険料割引または割増の対象になる特約
2・収入保障特約
3・定期保険特約
4・特定重度生活習慣病保障特約
5・入院保障充実特約
6・総合医療特約
7・成人病入院特約
8・女性疾病入院特約
9・がん入院特約
10・がん診断特約
11・がん薬物治療特約
12・新先進医療特約
13・保険料払込免除特約[総合型][生活障害・がん型][生活障害型]
14・リビング・ニーズ特約
15・がん長期サポート特約
16・指定代理請求特約

■保険料割引または割増の対象外の特約
17・災害割増特約
18・傷害特約
19・傷害損傷特約
です。
特約保障は1種類だけ選んで契約できる物と、複数を付加しなければ契約できない物があります。
また、保険金などに下限(例えば定期保険特約の死亡保険金は最低1,000万円が必須など)が設定されています。

1UP Vitalityの保障

1UP Vitalityの保障内容というより、1UPにするために必須の生活障害収入保障特約の保障内容になります。
紛らわしく感じるかもしれませんが、生活障害収入保障特約は就業不能保険と同様の保障内容になります。

契約例
プライムフィット 未来デザイン1UP Vitality
生活障害収入保障特約(5回保証逓減型)
30歳 男性・年金年額240万円
保険期間と保険料払込期間は65歳まで
の例です。

長期間の収入減への備え
公的制度基準
1・障害年金1・2級に認定された
2・要介護2以上に認定された
住友生命の独自基準
3・所定の就労不能状態に該当
4・所定の要介護状態が180日以上継続

このいずれかで、就労不能・介護年金を生存の限り保険期間終了まで毎年支払続けます。

例えば定期保険の保険金は、大金を一回で全額払って保険契約が終了しますが、1UPは就業不能保険で、年1回払いの年金という定額の給付金を保険期間の終了まで支払続けて保障します。
年金の受取回数が多い→年金の支払事由が早く発生するほど、受取年金総額が大きくなります。

もし、この男性が1UP Vitality契約の翌日に事故に遭い、両眼の矯正視力が0.08以下になって回復の見込みが無いとしましょう。
30歳から64歳まで毎年240万円を受取れるので、受取年金総額は240万円 x 35回(年)=8,400万円になります。
保険期間が65歳までなら65歳まで支払がありそうですが、64歳までの支払です。

60歳で年金支払事由が生じた場合は5回の受取になり、受取年金総額は1,200万円
61歳→4回分で960万円
62歳→3回分で720万円
63歳→2回分で480万円
64歳→1回分で240万円
の受取年金総額になります。
このように受取年金総額が年々減っていく、逓減保障になります。

「5回保証」逓減型にすると、最終の5年間、この契約の場合なら60歳から64歳で年金支払事由が発生しても、5回の年金受取が可能になり1,200万円の受取年金総額になります。
この5年間は(5回保証逓減型)の保証期間で、被保険者が保証期間中に死亡すると、未払いの将来の年金を現価という現在価値に換算した金額でまとめて支払います。

初期にかかる費用への備え
下記AまたはBのときに就労不能・介護保障充実給付金を支払います。
A・上記1・2・3に該当すると、一時金240万円を支払います。
B・所定の要介護状態が30日継続すると、30日経過毎に48万円(年金年額の二割分)を最高5回支払います。

精神障害への備え
下記AまたはBのときに特定障害給付金(年金額三年分で720万円)の一括支払になります。
A・精神障害で公的年金制度の障害年金1級または2級に認定されたとき
B・所定の精神障害で180日以上継続入院したとき

就業不能保険は、複数回支払われる年金や給金などの受取期間の途中で被保険者が死亡すると契約が消滅するので、以後の支払は中断されます。
5回保証逓減型の保証期間を除けば、年金や給付金は「保険期間の終了まで、かつ被保険者の存命の限り」支払われるという前提になります。
ただし、

保険のプロがわかりやすく教えてくれます

保険コネクト


健康増進と保険料の増減

南アフリカの金融サービス企業Discovery社のVitalityという、1,997年に発祥し世界で実績があるウェルネスプログラムを、日本で独占契約し保険に取り入れたのが住友生命のVitalityと言えます。
保険料と別料金になるVitality健康増進プログラム利用料は月額800円と消費税です。

保険加入時の喫煙歴や健康状態で保険料が決まるのではなく、加入後の健康時様態と健康増進プログラムの利用状況や健康診断などの結果で保険料割引率が変動します。
1UP Vitality加入時の保険料割引率は15%で、Vitalityを付加しない場合の保険料の85%が初期(1年目)の保険料です。
保険料の下限は70%(最大30%割引)、上限は110%(最大10%割増)です。

四色(四段階)のVitalityステータス

年間0pt〜11,999ptは、ブルー
年間12,000pt〜19,999ptは、ブロンズ
年間20,000pt〜23,999ptは、シルバー
年間24,000pt以上が、ゴールド
と、ポイントに応じたステータスになります。

Vitalityステータスポイント付与例

ポイントの付与対象のうち、主立った物を紹介します。

■オンラインチェックのポイント付与例
Vitality 総合チェック 750pt
Vitality 食生活のチェック 750pt
たばこチェック 750pt
こころのチェック(3種類)750pt

■Vitality健康診断のポイント付与例
64歳以下の場合
BMI・血圧・血糖・コレステロール・尿蛋白が所定の範囲内の場合、各1,500pt
結果の提出について500pt

■予防のポイント付与例
40 歳以上の場合
大腸がん検診実施1,000pt
肺がん検診の実施1,000pt

■歩いてポイント付与
64再以下の場合
1日8,000歩未程度20pt
1日10,000歩程度40pt
1日12,000歩程度60pt
歩数はスマホまたはウェアラブルデバイスで記録し、Vitality会員ポータルにアップロードします。

■2,000ptもらえるイベントの例
ウォーキング50km 以上
ランニング42.1km 以上
水泳 8km 以上
サイクリング 100km 以上
トライアスロン51.5km 以上
ただし、住友生命所定のイベントになります。
例えば市区町村のマラソン大会とか勤務会社主催の大会などの多くは対象外ではないでしょうか。

契約2年目から保険料を割引できます

契約1年目は保険料15%割引です。
契約2年目からステータスを反映した保険料割引率が適用されます。ブルーは3年目から割増になります。
ブルー 保険料増減0%
ブロンズ 保険料増減0%
シルバー 保険料割引率1%
コールド 保険料割引率2%

契約3年目から保険料が増減します

契約3年目以後はこの増減率で固定されます。
ブルー 保険料割増2%
ブロンズ 保険料増減なし
シルバー 保険料割引率1%
コールド 保険料割引率2%

1UP Vitalityの保険料の割引・割り増し例

例えば契約2年目からずっとゴールドの場合
1年目△15% 2年目△17% 3年目△19% 4年目△21% 5年目△23% 6年目△25% 7年目△27% 8年目△29% 9年目△30%(割引下限)

例えば契約2年目からずっとブルーの場合
1年目△15% 2年目△15% 3年目△13% 4年目△11% 5年目△9% 6年目△7% 7年目△5% 8年目△3% 9年目△1%
10年目+1%(保険料が101%になります) 11年目+3% 12年目+5% 13年目+7% 14年目+9% 15年目+10%(割増上限)

このようになります。

1UP Vitalityのまとめ

保険料割引を狙ってシルバーかゴールドを目指して金と時間を掛けて汗流して・・・ということが苦手な方は検討しない方が良いです。
もう一つ、ウェアラブルデバイスかスマホで歩数や心拍数を計測して、PCかスマホで申告というのも面倒に感じる方はいらっしやるでしょう。

正直、子育て世代以上にはVitalityを付けない生活保険1UPが良いのではないでしょうか。
ですが1UPは就業不能保険なので、収入保障保険よりも必要性が薄いのが難点です。
でしたら1UPとせず、掛け捨て組立保険のプライムフィットとして活用する方が有効では無いでしょうか。

また、Vitalityによる保険料割引を楽観的に考えてしまいますが、割り増しもあり得ることも意識しましょう。

1UP Vitalityは、よく言う「意識高い系」な方や若年層向きの保険だと思います。

いずれにせよ、保険は価格と保障内容の比較が必要ですので、対面販売の格安保険の就業不能保険などと比較してから検討すべきです。

保険選びは大変だし、よくわからない

専門家が不安や要望をしっかり聞いて

あなただけの保険を選んでくれます

保険相談は何度でも無料です

Web予約は簡単 保険コネクト


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング