生命保険 家族状況

生命保険を変える時期があります


生命保険は一度加入したらしばらくの間解約しませんが、例えば変化の激しい医療事情に対応する医療保険やガン保険を20年以上も放置しておくのはちょっと問題です。

例えば医療保険は五日以上の入院をしたら日額一万円の保険金が出るのが主流でしたが、今は日帰り入院で五万円出します。というものを見かけます。
15年前にはほとんど聞かなかった、治療効果が突出して大きい反面、治療技術料が一回数百万円する「先進医療」も
今は通算1000万円とか2000万円まで保障する保険が当たり前になりました。

こういった、入院事情や治療技術の変化に合わせて生命保険を変える必要がある一方
子供が増えた」「子供が成長した「夫婦が年を取った
こんな家族状況の変化があった時も生命保険を増やすとか変える必要があると思います。

結婚しても保険はそのまんまで良い?

例えば独身だったら若さを生かして安い保険料の定期保険と医療保険に加入していれば大丈夫でしょう。
結婚してもしばらくは夫婦共働きが多いので、お互いが独身時代に加入した保険を継続していれば大丈夫だと思います。
独身時代にしっかりした保険に加入していれば、結婚しても見直しをする必要は無いと思います。
よく、「愛する奥様のためにも保険を増額しましょう」とか「家族が増えたのだからもっと安心を」などと保険の営業に言われることがあるようですが
生命保険の転換は注意や、待って!古い保険の見直しのように
安易に生命保険を取り替えても、保険の営業にはメリットでも自分の為にデメリットになることもあるので
独身時代の保険契約をそのまま使えば良いと思います。

家族が増えるとわかったら

奥さんが妊娠したら、定期とか終身の死亡保険の増額と、学資保険の加入 は必要になると思います。
学資保険は出産予定日の140日前から加入出来るので、奥さんが妊娠したら生命保険の追加を考えましょうということです。

話は少し戻りますが、奥さんが妊娠してなければ例え夫が他界することがあっても、まだ若い奥さんは会社勤務を続けられますし
専業主婦だったとしても社会復帰は早いと思います。
冷たい話かもしれませんが、しばらくすれば再婚だってあり得るでしょう。
ですので、結婚しても子供が居なければ夫の保険金をむやみに増やす必要が無いのです。
でも、家族が増えるとしたら、そういうわけにもいきません。
ご主人が万が一の時
「奥さん」と「子供」の遺された二人の生活費と、子供が大学を卒業するまでの学費は保険で準備したいものです。

夫が若いときに加入した定期保険は、子供が大学卒業するまでの、奥さんと子供の生活費を満足に満たすことは出来ないでしょう。
奥さんがまだ若いから、夫が死んでも子供一人を育てながら働き続けることも出来るかもしれません。
ですが、子供が幼稚園や保育園、学校に行っている時間帯だけ働ける正社員雇用をしてくれる会社はあるでょうか?
遺された奥さんは、子供のことを考えれば時間が限られるので、正社員ではなくパートとかバイトにすることもあり得ます。

奥さんのパートやバイトでは不足してしまう生活費を予測して、生活費目的で新たに定期保険に加入し
大学卒業までの学費目的で学資保険に加入すべきでしょう。

子供が増えても学資保険だけでいいの?

ここで、「学資保険の新規加入は納得出来るけど、夫の万が一の後は妻が働くから定期保険の増額や新規加入は納得出来ない」という人も居ると思います。
学資保険の多くは、子供が17歳か18歳になるまでお金になりません。大学合格までに塾や予備校に通う必要があるでしょう。

大学以後の学費はあるけど、生活費は苦しいから塾代も出せないし、中学卒業したら夜間高校に行って昼間は働いてくれ。と子供に言えませんよね?
せめて遺された子供の大学合格までの間に、親が在宅いる住宅で勉強できる環境が無ければ、落ち着いて勉強も出来ないと思います。

遺された家族の生活費を安定させると言うことは、生活環境子供の勉強の環境を安定させる目的があると思うのです。

二人目の子供の妊娠がわかったときも、定期保険を増額するか新たに収入保障保険に加入して、さらに学資保険に新規加入すべきです。
ご主人に万が一があったら、奥さんは二人の子供の子育てで忙殺されると思うので、奥さんがパートやバイトに出ることは考えないで定期保険の保険金を設定すべきです。

三十代の夫婦とその後の生命保険

夫婦が三十代半ばを超えたら、新規のがん保険に加入するのがお勧めです。
ガンは40歳あたりから発症することが多いのだそうですが、若年のガンという危険も考えるべきだと思います。

ガン保険のポイントは保険金とか給付金の前に「保険金の支払いが早い保険会社」を選ぶべきでしょう。
入院する病院によっては、保険会社の独自規定書式で診断書を書く場合二週間位必要で
保険会社によっては、その診断書が届いてから保険金支払いまで最長後営業日必要な会社もあります。
すると、ガンの診断確定から保険金が出るまで郵送のやりとりを含めて25日も必要ということもあり得ます。

老後を考える時期になると、子供も親離れすることでしょう。
一人目の子供が大学に入学できたら、定期保険を一本解約して浮いたお金を老後資金を作る計画に使いましょう
二人目の子供が大学に入学できたときも同様です。

こんな感じで、家族の増減に応じた生命保険の使い方をするのが、得策だと思います。 こんなことを書きましたが、子供の人数が違ったり、子供を留学させたいから学資保険では無い金融商品を選びたいなど、多くのの家族にはそんなに当てはまらないと思います。
ムダの無い保険とか理想的な生命保険というのは、それぞれの家族毎に違いがあるものです。


生命保険を見直したくなったとき、保険の専門家に話を聞いてみるのが得策だと思います。
保険の専門家がといえば
管理人お勧めのほけんの窓口です。
保険の専門家というと、無理に保険を勧めたり、小さい保険の欠点を見つけたら大げさに見直しを勧めるというイメージがあるようですが、そんなことは全くありません。
むしろ見直す必要が無い保険はその保障内容を認めて保険の乗り換えなどを勧めません。

キッズスペース設置の店舗が多数あるので、お子さん連れでも保険相談に集中出来ます。
生命保険の相談は何度でも無料です。

保険の専門家に相談出来る600店舗以上

専門家の相談は何度でも無料朱二重矢印ほけんの窓口

 


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング