生命保険 種類

生命保険の種類はいろいろあります

生命保険の種類をまとめました。それぞれの保険について特徴と利点・欠点も書いてみましたので、保険選びの時に是非見てください。



終身保険

生涯を通して保障が続く生命保険です。子供が成人するまでの間に家族を守るためというよりも、自分の一生の保障をするための保険です。解約すれば返戻金がある保険なので貯蓄としても使える保険です。
死亡時には死亡保険金、高度障害状態では高度障害保険金が支払われます。

利点

終身というだけあって一生涯の保障が得られることです。また貯蓄ができる保険身としても活用できます。保険商品によっては保険料払込期間が終了したときの解約返戻金が支払保険料総額を上回る事があります。

低解約返戻金型という終身保険は、毎回の保険料を普通の終身保険よりも安くする代わりに、中途解約無く保険料を完納することで通常の終身保険と同様の解約返戻率を実現します。
保険料は保険料払込期間中ずっと一定で保険料が上がることはありません。

欠点

定期保険と比較すると、同じ保険金を実現する為の保険料が極端に高くなります。
最近の生命保険の予定利率(保険の契約者に確約する運用利回り)が低いので、貯蓄としての活用できる終身保険商品が少なくなりました。
低解約返戻金型の終身保険を中途解約すると「低解約返戻」なので解約返戻金がかなり低くなります。


定期保険

何歳までとか何十年間など、一定の期間だけを保障する生命保険です。お金が戻らない保険ですが、終身保険などと比較して同じ死亡・高度障害保険金を保障するための保険料が安くなります。
若いときは自分の保障を安く得る目的に使えます。家族を持ったら、万が一のときにその後の家族の生活費などを守るための保険で、子供が社会人になったら解約すべき保険です。

利点

少ない保険料で大きく保障することができます。これを生かして社会人になったときなどの自分の保障を低額で備えることができます。また子供が生まれたときに気軽に保障を増やすこともできます。
終身保険よりも大きな保険金設定も可能で、例えばネット加入できる定期保険の死亡保険金は最高一億円まで設定可能なものもあります。
更新がある定期保険は、例えば更新前に重い病気になっても同じ保障内容で定期保険の更新継続ができます。

欠点

掛け捨てなので解約しても解約返戻金が全く無いか、解約返戻金があってもほんのわずかになるでしょう。
更新型の定期保険は、更新が到来する度にそのときの年齢に合わせた保険料に再設定されるので保険料が高騰します。


収入保障保険

定期保険と同じように保険期間は○○歳までとか○十年間などの一定期間を保障します。
大きな保険金を一括支払いする定期保険とはある意味真逆の、ごく少額の年金(契約に基づき保険会社から複数回払われ続けるお金)を保険期間の終了まで毎月支払い続けます。
この毎月払われる年金により、万が一があった後の遺された家族の生活費を維持できるので、収入が保障される保険(収入保障保険)という意味合いになります。

利点

子供が社会人になる時期を想定して加入すれば、死亡・高度障害状態を長期に保障し続けるので、安心感があります。
例えば30歳の夫が年金月額15万円で55歳まで契約し、翌日に万が一があると、夫の55歳相当の年まで毎月15万円の年金を受け取る事ができます。毎月15万円を25年間受け取るので年金の受取総額は4,500万円になります。
年金払い保障なので、一括で死亡保険金4,500が払われるの定期保険の保険料よりも安くなります。また、年金受け取りせずに定期保険の保険金のように一部または全額を一括受取することもできます。

欠点

年金の一部または全額受取をすると、全額年金受け取りしたときの受取総額よりも低い金額になります。
年金払いをするということは、受取年金総額が保険期間の残月数に比例します。
例えば30歳の人が収入保障保険に55歳までの保険期間で年金月額15万円の契約をした場合、30歳で他界すれば受取年金総額は4,500万円になります。40歳で他界すると総額2,700万円、50歳で他界すると総額900万円です。
ですがこれは利点でもあり、家族の生活費の保障は子供が自立するまでの年数が近づくにつれて保障すべき金額が減っていきますので、受取年金総額が減っていくことは合理的な保障になります。


医療保険

公的医療保険ではなく保険会社の民間医療保険は、病気や怪我による入院と手術への備えで、(保険金ではなく)給付金で保障する保険です。入院一日につき○○○○○円、一回の手術について○○万円などの保障をします。
凄く細かいことを言うと生命保険参入商品(第一分野保険)、損害保険会社参入商品(第二分野保険)があり、互いの分野の保険商品は不可侵となっています。医療保険は生保損保が参入可能な第三分野保険です。

利点

終身・定期・収入保障保険などで対応できない、怪我や病気について保障してくれることです。長期入院や大きな手術になると高額療養費制度を使っても大きな出費になる事もあります。そのような出費のとき医療保険の保障は助けになります。
また派遣社員やアルバイトなど、入院中に働けないことが直接給料の減少に関連してしまう場合などにも、給料・生活費の補助として入院給付金は役に立ちます。

欠点

入院給付金・手術給付金・通院給付金・入院給付日額・通院給付日額、支払限度日数一入院60日・一入院120日に変化・三大疾病・七大疾病・1,000種類の手術・先進医療・・・など、いくつもの保障項目を比較して選ぶ必要があります。凄く難しい保険です。
医療保険の世話にならずに生涯を終えるかもしれないから、医療保険はいらないという考え方もあります。
単純に医療保険の月額保険料が1万円とすると25年間で300万円の保険料総額になります。だったら使う目的が無い貯金が300万円あれば医療保険は不要という考えもあるようです。
いずれにせよ医療保険を検討するときは、複数の保険商品を細かくシミュレーションして保険料試算をするべきでしょう。


がん保険

語弊はありますが、簡単に言うと「がんだけを保障する医療保険です。「がん入院給付金」「がん診断給付金」などが基本的に保障され、他の細かい保障は保険料追加で保障が受けられる特約になることもあります。
医療保険と同じように第三分野の保険です。損保生保共に参入可能になります。

利点

いわゆるがん家系の人は必用かもしれません。がんと診断確定されるとかなり高額な「がん診断給付金」が支払われますが、多くは二年に一回を限度として何度でも保障してくれます。がんの再発などが心配になる方に有効でしょう。
また、がん治療入院の入院給付金は支払い日数無制限、がんの手術給付金は支払回数無制限などの保障が、比較的格安のがん保険でも用意されています。

欠点

医療保険もがんの保障をするので、人によってはがん保険は不要かもしれません。ただし医療保険は入院日数に上限があります。
医療保険と同じように難しい保険です。保険料が高ければ保障が手厚いかというとそうでも無く、保険料が高いがん保険なのに上皮内新生物の診断保険金が極端に低い金額のがん保険もあります。
治療給付金・通院給付金・退院一時金・先進医療給付金・悪性新生物のときだけ保険料払込免除・・・などなど、保険会社によって保険商品に組み込まれているものがあったり、特約だったり、元々特約でさえも用意されていなかったりと、違いがあります。
がん保険を検討するなら、細かい設定をシミュレーションして保険料を試算して、比較する必要があるでしょう。


学資保険

多くは出産予定日の140日前から加入できる、子供の将来の学費積み立て目的の保険ですが、死亡保険金などの保障機能はありません。保障機能が無い代わりに保険料払込総額よりも多くの受取が期待できます。
子供を被保険者(保険が掛けられている人)、契約者(保険を契約し保険料を払う人)を親、保険金(学資金)受取人も親というのが基本的な契約形態です。最近はドル建て終身保険やドル建て養老保険を学資目的の保険として活用する商品もあります。

利点

生命保険なので、決められた日までに保険料を用意しなければならないという、良い意味での強制力があります。
最近の学資保険は子供が11歳とか12歳までに保険料払込を完了させるものが多くなり、中学高校大学などの教育資金を必要とする期間に保険料の負担が避けられるようになっています。
被保険者となる子供への保障はありませんが、保険料払込期間中に契約者が死亡または高度障害状態になると以後の保険料が不要になり、契約した将来の受取金総額は保証されます。

欠点

最近の円貨の学資保険は支払保険料総額よりも受け取ったお金の総額が少なくなる元本割れする商品もありますので、円貨学資保険は元本割れしない学資保険を探す必要があります。
早期に保険料払込を完了させるのは、保険料払込期間終了後の数年間保険会社が保険料を運用し、戻り率(受取金総額/支払保険料総額)を上げるための手段かもしれませんが、保険料払込期間が短いと一回の保険料が高額になります。
外貨建ての学資目的保険は、円貨の学資保険よりも高い予定利率が望めますが、為替リスクを考慮する必要があります。


女性保険

乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの女性特有の病気による入院・手術について保障が厚くなる医療保険です。保険によっては関節リウマチなども保障が手厚くなります。

利点

保険会社が定める女性特有の病気について給付金などの保障が暑くなります。帝王切開、妊娠中毒症、子宮外妊娠、流産、なども女性特有の病気として厚い保障の対象になります。

欠点

普通の医療保険で女性特有の病気について保障されないことはありませんので、保険料を高くしてまで女性保険に加入する必要を感じないかもしれません。


引受基準緩和保険

引受基準緩和保険は、病歴や入院・手術歴があって一般の保険には加入できない(謝絶とも言います)人でも加入できる可能性が大きくなる、保険の引受基準を緩くした保険です。
引受基準緩和保険は医療保険が多く、がん保険、定期保険、終身保険もありますが少数です。引受基準緩和保険は加入に際して告知項目があります。

利点

保険会社によって違いはありますが、大まかに
・過去三ヶ月以内に、医師による入院・先進医療を含む手術を勧められた
・過去二年以内の、入院・手術歴
・過去五年以内の、がん・肝硬変・慢性肝炎を原因とする医師の診察・検査・治療・投薬歴
これが全て当てはまらなければ、病歴・手術歴などがあっても保険加入できる可能性が大きくなることです。

欠点

普通の各種保険より保険料が高くなりますし、普通の保険より保障内容が厳しくなることもあります。
例えば引受基準緩和医療保険の場合、給付金の支払削減期間を設けている引受基準緩和型の医療保険が多数で、この期間を設けていない引受基準緩和型医療保険は少数のようです。
支払削減期間は、保険契約が成立してから一年少々の間に給付金支払発生の事由が生じた場合、契約した給付金が半額になるなどの削減措置が講じられます。


年金保険

生命保険の保障機能を無くして貯蓄機能に特化した保険です。多くは老後資金作りに使うことが多く、保障する必要が無いので健康状態を問わず加入できる商品もあります。また、0歳から加入できる年金保険もあります。

利点

保障機能は無いと言え、保険なので保険料支払継続にある意味良い強制力が働きます。老後資金積立を完遂しやすいかもしれません。
保険料払込期間を通じて保険料を積み立てながら運用して増やし、保険期間が終わって貯まって増えたお金をさらに運用しながら毎年分割受け取りします。
支払保険料総額 < 保険料支払期間終了時の年金原資 < 年金原資を分割受取した年金の総額。になります。

欠点

貯蓄機能に特化していますが、中途解約すると元本割れすることが多い保険です。万が一の場合、死亡保険金ではなく死亡給付金が支払われますが、死亡保障では無いので死亡保険金よりも支払われる金額は低くなります。


養老保険

昔は良かったという言葉そのままの、貯蓄と保障を兼ねた保険です。定期保険のように一定期間だけの保障で、終身保険よりも良い返戻率を誇りました。

利点

昔の養老保険は良かったという話はよくあります。例えばバブル期までの養老保険は保険特有の金利(予定利率)が凄く良かったので、保険料払込期間が終了したときの満期保険金が支払保険料総額を、相当大きく上回ったという伝説があります。
そのような保険を「お宝保険」と言うそうです

欠点

今の養老保険は元本割れして当たり前のようで、多くの保険会社で養老保険を積極的には売り出していません。
また、お宝保険の高予定利率を今も継続するのは、超低金利時代の今の保険会社にとって大きな負担なので、解約すると損することを言わずに現在の低予定利率の保険に切り替えさせようとする保険会社もあるそうです。


保険の種類と利点欠点を解説しましたがも、間違えなどがあるといけませんので、加入を検討されるときには必ず当該ウェブサイトや保険募集人への質問などで内容をご確認願います。

保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング