プルデンシャル生命 口コミ

プルデンシャル生命

生命保険会社ランキング! 生命保険会社のランキング23位


保険会社ランキング項目1ソルベンシー・マージン比率:872.0%

保険会社ランキング項目2保険料等収入:約8,002億円

保険会社人気ランキングランキング人気(アクセス数):評点6

保険会社ランクキング順位総合ランキング:23位


全ての生保会社人気ランキングはこちら



プルデンシャル生命

プルデンシャル生命保険株式会社は、130年以上にわたり金融サービスを提供しているプルデンシャル・ファイナンシャルのノウハウと信頼を受け継ぎ、生命保険の専門家である「ライフプランナー」による、オーダーメイドの保障を提供しています。
ライフプランナーは、生命保険だけではなく、税金や法律などについて幅広い知識を備えた専門家で、お客様と一緒になって個人個人に最適な生命保険をオーダーメイドしています。
取扱保険商品は、残された家族を守るための、死亡保障に重点がおかれたプランが多く提供されています。また2005年からは日本初の「骨髄ドナー給付」も開始されています。
平成26年4月に、保険金即日支払サービスの上限額を従来の300円から500万円に拡大しました。しかも、最短で即日に受け取りが出来るそうです。これはとても役に立つサービスですね。

桃小丸 今の保険の疑問を聞くだけでも大丈夫

保険を無理に勧めたりしません

保険の相談は何回でも無料朱二重矢印ほけんの窓口

プルデンシャル生命の口コミ一覧

プルデンシャルはコンプライアンスもきちんとしていますし、販売のトレーニングは業界で一番だと思います。ただ5000人もいるプランナーも成績がなければすぐに解雇です。出入りも激しくライフプランナーの質もピン霧…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

私は国内では最高の保険会社だと思います。終身、リタイヤメントインカムも保険に加入するならばベストな選択ですね。…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

皆さん言っていますけど、外資系の生命保険会社の中でも比較的有名な会社だと思いますよ。評判自体は悪く無いと重います。…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

死亡保険は基本、通貨分散や利率がいいことから外貨建てを売ってきますが、利率もいいですし、商品は悪くないと思います。…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

今まで出会った保険会社と違い、世代全員の年齢を追ったグラフを作ってくれ、その家族の人生設計から私たちに合った保険を提案してくれるので、今までの保険のイメージを覆…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

プルデンシャル生命の特徴は円、ドル、ユーロと通貨の選択が出来ることです。…続きを読む

Yahoo!知恵袋 より

 

桃小丸 キッズコーナー・授乳スペースあります

安心して保険相談に集中できますよ

保険の相談は何度でも無料!

朱二重矢印ほけんの窓口

介護終身保険(無配当)

親子2

要介護状態になったら、介護年金が終身まで受け取れる保険です。
認知症加算型ということで、認知症の場合さらに給付があります。

基本は公的介護保険制度基準

介護年金の受け取り対象は年齢によって区別があります。

被保険者(この保険がかかっている人)が満64歳以下の場合
  プルデンシャル所定の要介護状態が継続して180日以上あると医師によって診断確定された場合

被保険者(この保険がかかっている人)が満65歳以上の場合
  公的介護保険制度の要介護2以上に認定された場合

基本的に公的介護保険制度を基準。それが当てはまらない年齢の時だけ、プルデンシャル所定の要件に該当した場合に年金が出るというのは分かりやすくて良いですね。

認知症にも対応

被保険者がプルデンシャル所定の重度の認知症に該当した場合、介護年金+認知症加算年金の受け取りになります。
先に介護年金の受け取り要件を満たした数年後に、認知症加算年金の受け取り対象になることもあります。

1回目の認知症加算年金受け取りの要件を満たして、被保険者が介護年金支払日に生存している場合に、認知症加算年金も受け取れます。

保険料と保険金

介護年金の支払要件に該当し、介護年金受け取りになる場合、それ以後の保険料払込みが免除されます。

桃小丸 今の保険を変えても、保障は大丈夫??

専門家のアドバイスで保険を理想的に

保険の相談は何度でも無料!

朱二重矢印ほけんの窓口

終身保険

普通の終身保険ですのでそんなに書くことも無いのですが、16もの特約があるので付加する特約次第で広い範囲を保障できます。

豊富な特約

16の特約があるのですが代表的な特約
・リビング・ニーズ特約
・指定代理請求特約 
この二つは他社でも無料で付加できるというか、当たり前に最初から無料で付いてます。
残された家族の為の保障として
・無解約返戻金型平準定期保険特約
・逓減定期保険特約 
・解約返戻金抑制型家族収入特約(高度障害療養加算型) 
これらの特約のうち、二つを組み合わせると、比較的安価な保険料でも大きな保障が得られるでしょう。

解約返戻金抑制型就労不能障害保険(無配当)

意外にもというと失礼ですが、いまいち取扱保険会社が少ない就労不能保険がプルデンシャル生命にありました。
就労不能保険は収入保障保険と混同しやすいようですが、収入保障保険は「死亡」と「高度障害状態」が保障の対象になります。
就労不能保険は「生きていて」「働けない状態になったら」保障の対象になるので、多くは「以前の職場・職業関係なく就労可能状態になった」「死亡した」場合保障されません。

では、解約返戻金抑制型就労不能障害保険(無配当)はどのような保障をするのかというと、三種類の保障と、保険料払込免除なんです。単純でわかりやすいですね。

就労不能障害年金

●精神障害状態を「除く」国民年金法の障害等級または1級または2級の場合。
●プルデンシャル生命所定の就労不能状態が540日以上継続した場合。
●プルデンシャル生命所定の高度障害状態に該当した場合。
などに該当すると、契約した金額の就労不能障害年金を、生存の限り保険期間終了まで毎月受け取ることができます。

特定障害年金

精神障害状態「で」国民年金法の障害等級または1級または2級の場合、保険期間中の最長三年間について「特定障害年金」を受け取る事ができます。

就労障害サポート年金

厚生年金保険法・国家公務員共済組合法・地方公務員等共済組合法・私立学校教職員共済法に基づく、精神障害状態を除く障害等級三級に該当すると、年金月額の三割に当たる就労障害サポート年金を、保険期間終了まで生存の限り毎月受け取ることができます。

保険料払い込み免除

上記の三種類の年金支払いの対象になった場合、以後の保険料の払い込みが免除になります。

保険料支払期間=保険期間

プルデンシャル生命の解約返戻金抑制型就労不能障害保険(無配当)のパンフレットに書いてある契約例を見ると、保険料払込期間と保険期間は同じです。
保障が効く年齢が65歳までなら、65歳まで保険料を払い続けますし、70歳まで保障して欲しいのなら70歳まで保険料を払い続けることになります。

年金支払い例

ここで、「年金」というのは、解約返戻金抑制型就労不能障害保険の年金支払事由により毎月一定額を払い続けてくれるお金のことです。
例えば年金月額30万円で契約して、就労不能障害年金支払い事由に該当した場合、保険料が免除され、保険期間終了までプルデンシャル生命が毎月30万円の年金を払ってくれます。

例として、保険料支払期間=保険期間65歳の場合、40歳で就労不能障害年金支払い事由に該当すると
保険期間満了時である65歳まで、被保険者(保険をかけられている人)が生存する限り毎月30万円がプルデンシャル生命から受取続けることになります。
毎年一回生存判定がありますので、死亡の場合は保障が終了して年金は終了します。

最後に

解約返戻金抑制型就労不能障害保険(無配当)の、年金継続条件が「生存」だけを問うようで、「就労していた職場・職業関係なく就労可能状態になった」かどうかは問われないように感じます。
もしプルデンシャル生命の就業不能保険を検討するなら、年金継続条件が生存だけなのかを確認してください。

アフラック、チューリッヒ生命、ライフネット生命にも就業不能保険がありますので、比較することもおすすめです。

緑丸矢印 「子供が遊んでもらっている間に安心して

説明を聞くことができました。」

お子さん連れでも安心のキッズスペース

専門家の相談は何回でも無料朱二重矢印ほけんの窓口


保険の無料相談をランキング 良い保険と悪い保険 生命保険会社の人気ランキング